ラオスの打楽器ラナート


20年ほど前に青年海外協力隊でラオスに2年滞在していました。
私は先生のたまごたちに西洋音楽を教えていたのですが
同じ学校内に伝統音楽を教えるクラスもありました。
帰国してからラオスを紹介しようと伝統楽器をいくつか購入しました。
これは木琴の一種で、オクターブでメロディーを奏でていました。

帰国したら日々の雑事に追われ、紹介の機会は2回しかなく
自宅2階の廊下に眠ってました。
手放す前に音楽教室の生徒たちに見せるよう玄関におきました。
自由にたたいて、ちょっと不思議な響きを味わってもらいました。
処分するつもりだったのですが、貰ってくださる方が
いらっしゃったので、ありがたく思っています。
次は何を紹介しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です